サークルでキャンプいってマネージャーを抱いたエッチ体験

僕が入っているサークルは毎年夏には海にいってキャンプをします。

そこで、酒を飲んで騒ぐわけですが、

寝るときは酔いつぶれたマネは男子と一緒に寝ています。

僕は割りと遅くまでおきていました。

すると、先輩マネのAさんが

腕枕をしてやるからこっちにきて寝ろ!

といってきました。



はじめは迷っていましたが、

みんな寝静まっていたのとお酒の力もあって一緒に寝ることにしました。

その前にシモネタを話していたので、

「あ〜大丈夫です。ちんぽたちそうに ありません!!(先輩の魅力がないので)」

といったら先輩は

「なにを〜〜」

といって僕の上にのっかかってきました。

そして、おもむろに僕の顔に近づいてきて、

口に下を入れてきました。

経験豊富な先輩の舌は官能的な動きをし、

始めは戸惑っていた僕でしたが、

次第にてが胸元のに伸び、

彼女の胸をまさぐっていました

そして、

彼女はだんだんのってきたのか

「あ〜もう我慢できん」

といって、

ズボンを半脱ぎの状態で

僕の下半身にあてがいゆっくりと挿入しました。

周りには眠っている人がいたので

僕はかなりあせっていましたが、

彼女の中はとても暖かく思わず声が出そうになりました。

そこで、彼女を説得して夜の海岸に連れ出し、

後ろからガンガンついて、

しまいには中だししました。

今年も夏キャンに行きます。

去年と同じことがあるといいなぁ〜〜




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。